嵐 二宮和也の持病が悪化 パフォーマンスにも影響か・・・。

二宮和也さんが長年隠し続けている持病が悪化しているようです。嵐のパフォーマンスにも影響が出ているという噂が・・・。




【嵐 過去の怪我病気】

多忙な嵐の5人ですが、いつも笑顔で辛そうな顔はあまり見たことないですよね。しかし、デビュー後メンバーそれぞれが病気や怪我で苦しんできました。

・相葉雅紀 肺気胸で入院

いつも元気な相葉ちゃんですが、2002年3月に肺気胸で五日間の入院をしました。肺気胸とは胸の膜に穴が空き、空気が外に漏れ出てしまう病気で、細身の人がなりやすい通称「イケメン病」とも言われています。

そして9年後2011年に再発。再び入院して治りました。が、相葉ちゃんは風邪もひきやすいようで、病気になりやすい体質のようです。

 

 

・櫻井翔 靱帯断裂、骨折

 

櫻井さんは2008年6月にナゴヤドームでのコンサートリハーサル中にステージから転落し、右手親指の付け根を骨折。凄い勢いで頭から転落して右半身を強打、足腰も打撲を負い全治一か月の怪我を負いました。

相当な怪我をしたにも関わらず、怪我したその日のコンサートに出演しました。さすがです。

また腕相撲にムキになって靱帯が断裂したという話もあります。負けず嫌いが凄いですね。笑

 

 

・松本潤 高熱出やすい

ストイックで健康なイメージのある松本さんですが、年末年始には必ず熱を出していたそうです。メンバーの二宮さん曰く、「毎年潤くんだけはインフルエンザの予防注射を受けないんですよね。彼は体のつくりが繊細だから、あの人は免疫作るために入れる注射にやられちゃうの」だそうです。それは相当繊細ですね・・・。

 




【二宮和也 リンパ管炎だった】

あまり病気のイメージがない二宮さんですが、2004年にリンパ管炎で苦しんでいたそうです。リンパ管炎とは細菌リンパ管内に入り込んで炎症をおこすというものでリンパ節の首、足の付け根などがかなり痛むそうでう。辛いですね。。

この年はライブツアードラマ主演24時間テレビパーソナリティーなど多忙な年で、入院先から直接コンサート会場の横浜アリーナに駆け付けたこともあったとか・・・。あまり知られてませんが、そんな状態で仕事をこなすなんてさすがです。

 

 




【二宮和也 持病】

二宮さんはジャニーズJr.時代からバク転などを繰り返したことで、慢性的な坐骨神経痛を持っています。

ここ数年はハードなロケは禁止されていて、バラエティでも二宮さんの椅子には座布団が用意されていることが多いようです。

嵐のパフォーマンスでも激しいダンスやアクロバットは出来ないようで、二宮さんの腰痛が原因でコンサートの構成を変えたこともありました。

二宮さんが持病を持っているというのは知らない人が多いですが、慢性的な坐骨神経痛は相当痛いはずです。それを感じさせない二宮さんのプロ根性はさすがの一言ですね。無理せず頑張ってほしいです。